あらゆる不動産の新時代へ

OPERATION CONTIERGE は、ロボット(RPA) を使い
無駄な作業をRobot が自動化して、「お客様に向き合う時間」を最大化。人々の自由な時間を創出します。

OPERATION CONCIERGE の特徴

従来、人が手作業で行っていた膨大な量のデータ管理を ロボット(RPA)をPCに常駐させ、皆様をアシストします!!

OPERATION CONCIERGE 導入例

不動産に関わるあらゆる業務に導入が可能です 作業量が多く、一人で抱え込んでいる作業員や経営者さんをサポート

賃貸管理

  • 入居希望者への広告資料作成
  • 賃貸管理システムへのデータ入力
  • 滞納家賃の督促の自動化

商業施設のエネルギー

  • システム間の連携
  • 週次・月次集計の自動化
  • エネルギーデータの自動入力

介護事業所

  • 人事の勤怠チェックの自動化
  • 要介護者データ入力の自動化

※ 様々な業種に使えますのでお気軽にご相談下さい

OPERATION CONCIERGE 導入の流れ

STEP 1

RPAの導入準備

業務フローのヒアリングイラスト

業務フローのヒアリング

お客様の業務内容を
把握するためにヒアリングを行い、
改善項目の検討を行います。

導入計画イラスト

導入計画

ご予算や RPA ソフトの購入などを
決めていきます。RPA ソフトに関しては
IT 補助制度(*1)があります。

ワークフローの開発イラスト

ワークフローの開発

弊社スタッフが業務内容にそった
ワークフローを RPA ソフトの
UiPath(*2)で開発します。

STEP 2

RPAの導入準備

ロボットを実行イラスト

ロボットを実行

ロボットが業務を処理し、
お客様の業務量を軽減します。

人とロボットの協業イラスト

人とロボットの協業

ロボットを実際に扱うことで
ロボットに任せたい新たな業務
が見えてきます。

効果測定イラスト

効果測定

ロボットの処理速度アップや
ワークフロー改善を行い、
生産性を向上させます。

(*1) IT 補助金
2019年度 IT 補助金の最大額は450万円 ! 最大900万円の投資まで補助金50%が適応されます。 また、PID は経済産業省から IT 導入支援事業者として採択されています。

(*2) UiPath
UiPath は、国内 RPA 市場 No.1の、官公庁でも使われている信頼性の高い RPA ロボットです。

デモ動画

具体例として、不動産業界にOPERATION CONCIERGEを
導入した場合のデモ動画をご覧ください

1

RPAで入居希望者への広告資料の作成を自動化

今までレインズで物件を探し、入居希望者様への広告を自社の帯に変更、
PDFを作成する作業は人が行っていました。指定した物件の検索条件を入力するだけで
Robotがレインズから図面を一括ダウンロード。他社の帯を自社の帯に変更するだけでPDF広告を作成できます。

2

入居者の家賃振り込みのチェックと滞納家賃催促の自動化

今まで、入居者の振込確認はEBをみて1件1件確認して、必要があれば催促をかけていました。
そこでRobotが自動で振込を確認し、振込が遅れた場合には1件1件催促をかけます。
催促はRobotが自動で催促メールを作成し送信します。